東京恋愛散歩

東京の街は恋と笑いにあふれてる

上野のとんかつ

f:id:cafenakamura:20161006181455j:plain

「なんだい報告って」
「結婚することにした。」

「おお、良かったなあ。そりゃあ、良かった。苦節何年だっけ、やっとあの男がふっきれたか。」

「ねえ、寂しいとか思わないの。」

「なに言ってんだか、思わないよ。いい話じゃないか。ずっと心配していたんだしさ、いや、めでたい、めでたい。」
「ただ、一つ問題があってねえ。」
「なんだよ。お母さんのことか?元気なんだろ。そんなの何かあってから考えればいいじゃないか。彼氏は、長男なの?」
「次男」
「じゃあ、問題ないじゃないか。良かった良かった。」
「違うのよ、もっと大きな問題があるの。」
「もっと大きな問題?あ、元カレか、何年引きずってんだよ。」
「なに言ってんのよ。確かにないことないけど、さすがに違うわよ。」
「怒んなよ、なんだよ。」
「相手のことが、どうにも好きになれないのよ。ちょっと、そこ、笑うとこじゃないし。真剣に相談してんのに。」
「あのさあ、30も後半になるまで、独身で来てさ、いまさら、好きでもない男と結婚することないんじゃない。」
「それは、結婚したことのある人だから言えるのよ。私だって、一回くらい結婚したいわよ。でもさ、なんかダメなのよね・・・」
「なんだそりゃ。」
「いい人なんだし、条件もいいんだけどさ。あのさ。」
「なんだよ。」
「いや、あの、例えばさ、一緒いてさ、手とか触れるとぞわっていうか、なんかダメなのよ。それがどうも。」

「そりゃ重症だな。でもま、まあまあ好きなんだろ、だったら・・」
「好きだ好きだって結婚しても、あんたみたいになっちゃうのもいるでしょ。でもねえ、自分の中で、一回、結婚したっていう事実は必要なのよ。わかんでしょ。」
「なーに言ってんだか、びっくりして、味噌汁覚めちゃったよ。」
「もう、笑うの止めてよ。」

 

井泉本店

広告を非表示にする