読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京恋愛散歩

東京の街は恋と笑いにあふれてる

八王子の都まんじゅう

f:id:cafenakamura:20170122223024j:plain

 

「ほう、珍しい物があるなあ」
思わず声を出してしまった。
「部長、知ってるんですか。」
「ああ、八王子の都まん、だろ。」
「いがいですねえ、甘いモノ食べるんですか。加藤君が、今日、八王子に行ってきたんで、買ってきてくれたんです。どうです、一つ。」

 営業帰りに八王子から持って帰ってきたものだから、冷たくなってしまっているが、一つ、もらうことにした。

 もう三十年も前になる。当時の彼女が八王子で、よく八王子に通ったものだった。学生時代で金もなく、この都饅頭を二人で買って食べたもんだった。
 八王子の街も、すっかり変わり、彼女とどこで食事をしたのかとか、喫茶店に行ったのだか、うすぼんやりした思い出になっているのに、なぜか「八王子」というと、この都饅頭を思い出す。おかしなもんだ。

「部長、加藤君、最近、よくお土産買ってくるでしょ。なぜだか知ってます。ここだけの話ですけどね、彼、受付の子に気が合って、気を引こうとして、営業に出るたびになにか買ってきてるんですよ。でも、ほら、受付だけに買ってくるというわけにいかないいで・・・」
「なるほど、それで私たちがご相伴にあずかっているという訳だ。」
「立ち回り先で、どこのおやつが美味しくて若い子に人気だよって吹き込めば、それが食べられる訳だな。」
「部長、それいいです。今度、みんなでやってみますよ。」

 白餡があっさりした甘さで、冷めてはいるがホクホクしている。ブラックの熱いコーヒーにちょうどいい。

「しかし、あの受付の美人さんが、こんな饅頭くらいで加藤になびくかな。いろいろ都内の有名菓子店を紹介してやらないとな。さて、もう一個、もらうかな。」

つるや製菓